モンテクリスト(MONTECRISTO)

葉巻の銘柄:モンテクリスト(MONTECRISTO)

モンテクリスト

1935年にガルシア家とメネンデス家がH.アップマンのセカンドブランドとして誕生した。ブランド名の由来はフランスのアレクサンドル・デュマ・ペールによる小説「モンテクリスト伯爵」に由来する。ストーリーは主人公のエドモン・ダンテスは、無実の罪で監獄に入り、長い年月を過ごした後、脱獄して冨を得て、モンテクリスト伯爵を名乗り復習をするという物語。フランスの新聞に連載した物語。

セカンドブランドだが販売実績は親ブランドを遥かに勝る売上となり、今では世界で一番売れている葉巻ブランド。キューバ全体の年間葉巻輸出量の25%を占めている。ハバナの3大葉巻の一つ。モンテクリストの多くはホゼ・マーティ工場で製造されている。

Habanos SA
http://www.habanos.com/

モンテクリストのモンテクリスト NO.2

多数種類が存在するモンテクリストのなかで有名なサイズがこちらのNO.2。バスケットボールプレーヤーのマイケルジョーダンもこのno.2を好んで吸っていた。モンテクリストno.2はハバナのトルペドサイズを代表するサイズ。甘みを含んだ豊かな土の味。太く、煙も強力で大量に放出する。非常に濃厚で、食後にはピッタリの葉巻。オススメです。

モンテクリスト エドムンド (Montecristo Edmundo)

こちらは個人的にオススメというかモンテクリストNO.2はもちろん美味いですが、同じ太さでNo.2より若干短い。仕事後食事をし、葉巻を楽しむとなると時間的に長さがちょうど良いサイズ。オススメです。

モンテクリスト ホイタス(MONTECRISTO JOYITAS)

モンテクリストのパネテラスサイズ。燃焼時間は20分程度のカジュアルサイズ。

記事カテゴリー一覧

最近のコメント

    関連サイト

    youtubeバナー

    シガーワールド-アメーバ

    シガーワールド知恵袋

    ツイッター-シガーワールド

    facebook-シガーワールド

    Google+

    タグリスト